骨盤ケアシューズyuiメーカー公式ショップ

SIZE

レディースシューズのサイズ選び・素材・形を知ろう

サイズの選び方

自分にあった靴を探す上で、まず、いちばん大事なことは
自分のサイズを正しく把握すること。


言うまでもなく、足は立体。
たとえば「23.5cm」という一般的に「靴のサイズ」と聞かれて思い浮かべる「足の長さ」のサイズの情報だけでは足にあうかどうかは判断できません。

最低限測ってほしいのが「足長(そくちょう)」「足囲(そくい)」
もしも可能であれば、あと1つ、「甲の高さ」。
その他にも、縦アーチ(土踏まず)のアーチが合うかどうか、横アーチ(指付け根部分のアーチ)が合うか、も大事なポイントです。ネットだとサイズが合うか不安...そんな時は当店のサイズ交換サービスも合わせてご利用ください。

一日の中でも、むくみなどで状態の変わりやすい体の部位である「足」。
よく、靴を選ぶときは15時頃〜夕方が良いとされてますが、これは一日の中で一番足が(歩いたりして)使われた状態である時間帯だからです。

左右の足長差が大きい場合は、足長の大きい方のサイズに合わせて購入し、小さい方は中敷きや踵に貼るクッションなどで調整することは足を守るためにも重要です。
足を傷めないためには、このようなシューケアグッズを用い「調整」することも大事です

【yui サイズ一覧】

エナメルシリーズ・サイネリア サイズ 21.0cm/21.5cm/22.0cm/22.5cm/23.0cm/23.5cm/24.0cm/24.5cm/25.0cm/25.5cm/26.0cm
※ブラックのみ21.0〜22.0/25.5-26.0cmのサイズ展開あり
甲幅 12.5cm/12.8cm/13.0cm/13.3cm/13.6cm/14.0cm
底幅 7.9cm/8.1cm/8.2cm/8.3cm/8.4cm/8.4cm
ヒール高さ 1.1cm
重さ 120g(23.5cm)
スエードシリーズ・ラナンキュラス サイズ 21.0cm/21.5cm/22.0cm/22.5cm/23.0cm/23.5cm/24.0cm/24.5cm/25.0cm/25.5cm/26.0cm
※ブラックのみ21.0〜22.0/25.5-26.0cmのサイズ展開あり
甲幅 12.5cm/12.8cm/13.0cm/13.3cm/13.6cm/14.0cm
底幅 7.9cm/8.1cm/8.2cm/8.3cm/8.4cm/8.4cm
ヒール高さ 1.1cm
重さ 120g(23.5cm)
ガーベラ(パンプス) サイズ 21.0cm/21.5cm/22.0cm/22.5cm/23.0cm/23.5cm/24.0cm/24.5cm/25.0cm/25.5cm/26.0cm
ワイズ 23.0cm/23.0cm/23.0cm/23.5cm/23.5cm/24.0cm/24.0cm/25.0cm
底幅 横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/横8.5cm/約9.0/約9.0cm
ヒール高さ 4.5cm
重さ 180g(片足)

インソールで足のアーチバランスを整え、足本来の力を引き出す!

足のアーチバランスが崩れやすくなっている要因の一つが柔かすぎるインソールにあります。
柔らかいインソールは履いた瞬間は気持ちがいいのですが、長時間の歩行する時に足のアーチバランスを保つだけの固さがないので疲れやすくなります。
一般的なフラットシューズでは柔らかいインソールが使用されている事が多いため「フラットシューズは疲れる」と言う印象を持つ方も少なくありません。
骨盤ケアシューズyuiはしっかりと足のアーチバランスを保てる固さのEVA素材を採用することで、かかとにもきちんと振動を伝えることで「足本来の力を取り戻す」ことを重視しています。
正しいアーチバランスが保たれた足は左右均等に力が加わるので、長時間履いても疲れにくくなります。

踵クッション(踵パット)の使用方法について

靴のフィット感は人それぞれなので、ワイズ(足幅)に合わせて靴を購入した場合、足長サイズが大きすぎる場合があります。
そのようなときには踵にはるクッションを貼って踵抜けしづらくするのもひとつの方法です。
足長サイズを調整する場合、前すべりしないようにジェル状の半敷で踵位置を合わせてから、踵クッションを貼ってベストな位置で固定する方法がオススメ。
単純に、踵の靴擦れや違和感が気になって貼る場合は、クッションの厚みがあまり厚くないものを貼るほうがオススメ。
また、靴は足のサイズに対して、大きくても靴のなかで足が泳いだり、小さくても圧迫されすぎて靴摩れします。
足を傷めないためには、このようなシューケアグッズを用い「調整」することも大事です。